収納家具選びに失敗しない為に考える事

部屋のあちこちに幾つもの小物インテリアを並べておく。それは見た目にはとても美しく、お部屋に華やぎを与えてくれる事は間違いないのですが、しかしそのお部屋はインテリア雑誌の中の世界ではなく、あくまでも生活の場です。どうしても埃が溜まりますし、それらの埃はマメに払っておかないと、後で大変な苦労を強いられる事になってしまいます。それを防ぐには、ガラス扉のある棚に並べておくのが一番です。しかも、コレクション保存用の収納家具を選べば、見栄え良く大切なインテリアを並べて、しかも常に清潔な状態で保存しておく事ができます。そんな風に、家具というのはただ収納する事ばかりを考えるのではなく、掃除のしやすさだとか、中に入れる物の用途に応じた種類を適切に選ぶ事が重要です。収納量が多いからと、闇雲に大型の収納家具を選んでも、無駄な空間が出来るばかりであったり、中に入れる物も限られてしまうという事にもなりかねません。

大は小を兼ねる、というのはよく言われる事ですが、家具については必ずしもそうでは無く、場合によっては小さな収納家具を幾つも用意する方が、見栄え的にも収納するにしても余程有用です。中には、家具と家具の隙間を埋めるような幅の細い収納棚があったり、無駄なスペースになりがちな部屋の角のスペースを有効利用する為の収納家具も多くあります。部屋を見回して、ここには大型の収納家具が置けそうだと考えても、まずは本当にそんなに大型の家具が必要なのかどうかをよく考えるべきです。部屋の片づけが苦手な人の中には、大は小を兼ねるという考え方に凝り固まっている人が多く、結果無駄なスペースを作るばかりで、まったく整理整頓が出来ずに困ってしまうという事になります。まずは「これを入れる為の家具」が必要であるというところから、考え始めるべきです。

そして、それをどのように収納するかを考えます。インテリアとして外から見えるよう収納したい場合と、必要な時まで仕舞っておきたい場合とでは、必要な家具は違います。更に、頻繁に使う物と、滅多に使わない物、すぐに使えるよう纏めて保存しておきたい幾つかの物、貴重品、それらをせっかく整理整頓して分けておいても、後からごっちゃになってしまうようでは困りものです。間違いなく、これはここにあると少なくとも自分が把握できるように仕舞う事が出来て、初めて整理整頓と言えます。幸い、収納家具というのは本当に色んな形、大きさがありますから、必ず必要とする家具が見つかるはずです。

Staypressed theme by Themocracy